クレジットカード審査の仕組みは何を重視している?

クレジットカードの発行といえば審査が必須ですがこの審査はいったい何をしているのでしょうか。どのようなことを重視して審査は行われているのでしょうか。ここはクレジットカードを活用したい方にとって気になるポイントだと思います。クレジットカードの発行時には様々な項目を入力する仕組みがあります。この項目には入力する意味をあまり感じないものもありそうですし、どれが重視されているのかはいまいち分かりにくいと思います。

クレジットカードを発行する仕組みの中で重要視される審査のポイントは安定した収入がありそれに見合った返済が出来ることと実在する人物であることです。前者はもちろんですがクレジットカードを発行するにあたり使った金額の支払いをしてもらう必要があります。そのため支払いに必要な収入が毎月あるか、あるいは一定の大きな資産を持っていてそこから支払えるかというところが審査の仕組みのなかで重要視されるもののひとつです。住宅の居住年数なども固定資産として扱えるかどうかを確認しており、万が一のときにそこから支払いが出来るかどうかを確認しています。そして後者は二つの理由があり、ひとつは支払えなくなったときに夜逃げなどをしないかを見極めているのと犯罪などに使用される架空の人物としてクレジットカードの発行申請がされていないかです。近年では架空の人物といった嘘はすぐにばれる仕組みがありますので審査の過程でほぼ間違いなく落とされるようになっています。

審査の仕組みで私が一番重要視されていると耳にしたのは年齢とどのような会社で何をしているのかといった情報です。年齢によって大まかな年収の見込みが立つことになりますし、会社の規模によって倒産する可能性なども判断することが出来ます。前半でも述べましたがクレジットカードは使ったぶんを確実に支払ってもらう必要があります。支払いにはお金が必要なので審査の仕組みとして金銭面の指標を重要視することは当たり前のことかもしれません。
自己申告の値も評価されているとは思いますが、これらの活動状況については信用情報機関にて管理されておりこの情報を重視しています。年収がいくら多くてもそれ以上にクレジットカードを利用していたりお金の借り入れをしていては不安要素となってしまいます。しかしこれらの情報はクレジットカード申し込み時には判断することが出来ません。そのため特定の情報機関を通じてこの情報を得るような仕組みが作られておりその情報が重要視されるようになっています。

■審査の仕組みから見るクレジットカードに有利な属性

クレジットカードの審査を受けるにあたり有利な属性や不利な属性といわれているものがあります。これはどれぐらいのお金をクレジットカードの支払いに充当できる可能性があるのかを判断するものであり審査の過程で取り入れられている仕組みで判断されています。どのような属性の人がクレジットカードの審査において有利になる仕組みなのかを項目別に紹介していきたいと思います。

・家賃を払っているかどうか
クレジットカードの審査において住居に関する質問がどこのクレジットカード会社にも存在しています。これは審査の仕組みの中で二つのことを判断するために使用されています。一つ目は家賃を支払う必要があるのか無いのかです。家賃を支払う必要があると月収のうち数万円から場合によっては10万円ほどが家賃に使用されることになります。そうなると通常の買い物に使用できる所得は必然的に少なくなってしまいます。いくら所得が多かったとしても家賃などの支払いに高額を使用していれば実収入面では少なくなってしまいます。そのためクレジットカードの審査においては家賃を支払う必要が無い人が属性も高く評価される仕組みになっています。その中でも独身で実家に住んでいる方はある程度両親による収入も担保されており、なおかつ本人も収入があるのに家賃を支払う必要が無いので非常に属性が高くなるといわれています。家賃による支出の有無は審査の仕組み上よく評価されるポイントです。

・勤務先の評価
どのような企業に勤めているかによっても属性が異なるような仕組みが作られています。一般的に医師や各種士業(弁護士や司法書士など)そして公務員が属性が高いといわれています。独自の資格が無ければ仕事が出来ないものと、公務員のように倒産の危険性が限りなく少ないものが安定した収入や高収入の可能性が高いとして評価される仕組みとなっています。逆にアルバイトやフリーターといった定職とは扱われない業種の場合は属性が低いと審査では評価されてしまいます。また芸人や芸術家など評価されれば大金が入るものの、普段の収入は安定さに欠ける職業も残念ながら審査では属性が低く評価されてしまう仕組みがとられています。

属性が高ければ必ず審査に通るわけでも、属性が低ければ必ず審査に落ちるわけでもありません。ただ、審査に落ちてしまう場合にはこのような属性といった評価の仕組みもあることを理解して改善できることがあれば改善してきましょう。

■クレジットカード審査と勤続年数

クレジットカードの審査落ち原因が、勤続年数だったというケースは少なくありません。
勤続年数は今の勤務先で働いている期間です。
社会人になってから何年目ということではありませんので、気を付けてください。

・審査に有利になる勤続年数
クレジットカード審査では、勤続年数はながければ長いほど有利になります。
5年以上あれば、審査に通過しやすいでしょう。
ただ昔は一度入社したら終身雇用が当たり前でしたが、現在は転職するケースが多くなってきました。
なので勤続年数は3年もあれば、クレジットカード審査には通りやすくなっていると言われています。
自営業者も開業をしてから3年以上経過してれば、クレジットカードを発行できる確率が高くなるでしょう。

・審査に不利になる勤続年数
1年未満になると、クレジットカード審査は厳しくなります。
半年あれば発行できるクレジットカードもあるようですが、1年間は欲しいところです。
転職したての人は、少し待ってからクレジットカードに申込みをした方が良いでしょう。
ただ新入社員など社会人になりたての若い世代は、勤続年数が短くて当然です。
なので勤続年数が1年未満であっても、審査通過できるケースは少なくありません。

勤続年数が長いとクレジットカード審査に有利になるのは、いくつかの理由があります。
コロコロと転職を繰り返すような人は、性格上問題があると思われることが多いです。
少しでも嫌なことがあるとやめてしまうなんてやっていては、どんなところでも勤務するのは難しいでしょう。
一か所に長く勤めている人は真面目で困難を解決する力もあり、人間的にできているとされます。
クレジットカードは不真面目な人には発行されにくいですから、勤続年数が長い人が有利になるわけです。

また勤続年数が長いと、職を失う可能性が低いと判断されます。
急に転職をしたり、リストラをされて収入減を失うことは少ないとなります。
また勤続年数が長くなれば、役職がつき収入も上がると思われます。
クレジットカード審査では重要な安定した収入を得続けることができやすく、返済能力も高いと判断でき審査通過しやすくなるのです。

勤続年数は急に長くすることはできないので、時間が経過するのを待つしかありません。
まずは勤続年数が半年になったら、クレジットカードに申込みをしてください。
審査が甘いクレジットカードなら、発行できる可能性はあります。
もし審査落ちしてしまったら、1年以上経過してから申込をするのが良いでしょう。

■クレジットカード更新時の仕組みは?更新でも審査は必要

クレジットカードの申し込み時に審査が日宇町なのは皆さんご存知のことでしょう。審査という仕組みがあるからこそ審査に落ちてしまうということがあるのですね。では、クレジットカードの更新時には審査があるのでしょうか。クレジットカードの有効期限が近づくと更新の案内が届くと思います。クレジットカードの更新はこの案内に回答するだけでいいのでしょうか。更新に関する疑問を解決していきたいと思います。

結論から述べるとクレジットカードの更新時にも審査する仕組みは採用されています。どのクレジットカード会社であっても更新の前には信用情報機関から信用情報の照会をして自社や他者での支払い状況を確認しています。いくら自社での支払い状況が良くとも他社でも支払い状況に問題があれば、いつその問題が自社のクレジットカードに波及してくるか分かりません。そういったことを判断するためにも更新時には審査を行う仕組みとなっています。また余談ではありますが、更新するタイミングでなくとも途上与信といって定期的に信用情報を参照しているクレジットカード会社も存在しますのでこの行為自体は決して珍しいものではありません。

この審査の中では主に二つのポイントで評価されていることが聞き取りなどで分かっています。
一つ目は先ほども述べていますがクレジットカードの支払い状況の審査です。クレジットカードは使った分を支払うという信用の元で使用が許可されているものですので、支払いが出来るのか信用があるのかを評価することは当然でしょう。クレジットカードの有効期限は数年間ありますので、その間にどのような変化が起こっているのかをクレジットカード会社知ることが出来ません。そのため審査の仕組みを利用してクレジットカードの利用者を評価しているのです。
二つ目はクレジットカードを実際に使用しているかです。クレジットカードの発行をしたものの利用をしていない場合は更新時に拒否される場合があります。クレジットカードを発行する側としても利用してもらうことで利益を得ているため利用しないのに発行を続けるのは手間や費用の無駄になってしまいます。そのため利用が確認されなければ更新が拒否されてしまうこともあります。

クレジットカードの更新時には申し込み時ほど複雑ではなくとも自動的に審査がされていると思っていて良いでしょう。更新が拒否されてしまった場合には何かしらの理由がありますので他のクレジットカードの利用状況などを見直すことも大切です。

■審査の甘いクレジットカードって罠がある?

インターネットではよく審査の甘いクレジットカードと審査の厳しいクレジットカードがあると言われます(参考URL:http://cretatsu.com/shinsa/needs-amai.html
)。これだけを聞くと審査の厳しいクレジットカードはしっかりとしていて、審査の甘いクレジットカードは何か裏が隠されているように感じる人もいるかもしれません。しかしながら、審査が甘くとも厳しくとも法律に基づいた正しい審査は実施されています。なぜ、審査の甘い・厳しいが出てしまうのでしょうか。
・審査基準が違う
まずはあたり前のことかもしれませんが審査基準が各クレジットカードによって異なります。その結果として他社では発行できなかったものの今回は発行できたなどのことが十分に起こりえます。クレジットカード会社によって他社からの借り入れの判断基準や発行枚数の基準が異なります。銀行系のクレジットカードならば他社の銀行のクレジットカードを多数所有している場合は審査に通りにくいといったことも聞くことがあります。

・参照している審査機関が違う
日本にはクレジットカードの信用情報を管理している機関が3箇所存在しています。全国銀行協会などです。多くの情報は全ての機関で共有されていますが一部はことは異なります。そのため、ある機関で信用情報を紹介した場合は問題があると判断されたが別の信用情報機関では問題ないと判断されることがあります。一般にこのことはあまり知られていないので、信用情報が良く出やすい機関を紹介しているクレジットカード会社は審査が甘いと利用者に感じられている可能性はあります。

・ブランド力維持のための発行制限
いわゆるステータスカードというのは本人の借入状況だけではなく、働いている状況や年収をも判断基準にいれていることがあります。こういった場合は、一定の基準を満たさなければブランド力にそぐわない人として扱われてしまい審査に落ちてしまうことがあります。こういった場合は自分の努力で改善することは難しいので一旦諦めて違うクレジットカードを検討するかしばらく時間を置いてから再度審査を申し込んでみると良いでしょう。

どのクレジットカード会社であっても、利用してもらうことで収入を得るため基本的には発行に前向きです。しかしながら、クレジットカードは先に会社がお金を支払って利用者から回収するシステムです。つまり回収できなければ赤字となってしまいます。その赤字をどれぐらい許容できるのかによっても審査の甘い・厳しいは左右されてくると考えられています。
審査が甘いクレジットカードにはれっきとした理由があります。審査が甘いクレジットカードだからといって心配することなく安心して申込みをしてみてください。