審査の甘いクレジットカード

■審査の甘いクレジットカード 三菱地所グループカード

三菱地所グループカードは三菱UFJニコスが発行する銀行系のクレジットカードです。一般的に銀行系のクレジットカードの審査は厳し目であると言われているためUFJの看板を持つこのカードも審査が厳しいように見えます。しかし実際には信販系カードを発行しているニコスが発行元になっているため審査は銀行系のクレジットカードほど厳しくはありません。

・比較的新しいクレジットカードで新規会員を増やしたい
三菱地所グループカードはまだ世の中に登場してから長くはありません。そのためまずは多くの会員数を集め、クレジットカードの良さを知ってもらい口コミなどで広げてもらおうとしています。そのため通常のクレジットカード発行よりも甘めの審査でどんどん会員数を増やしている傾向があります。それを裏付けるかのように入会特典のポイントサービスを再開するなど審査を甘くしてでも発行枚数を増やそうとする努力が垣間見えています。三菱地所グループカードは発行枚数が安定するまでは、しばらく審査が甘い状態が続くクレジットカードと見込んでいます。

・審査は甘いけどメリットは少なめ
三菱地所グループカードは使用しが金額に応じてポイントがたまるサービスが提供されています。このサービスはどこのクレジットカード会社でも提供されているサービスなのですが、三菱地所グループカードではポイントの交換先が三菱地所グループ共通ギフトカードに絞られてしまいます。三菱地所グループのアウトレットなどを積極的に利用する場合には良いですが、この商品券自体が使えるお店も少なくポイントサービスに関してはあまり期待は出来ません。他のサービスは捨ててでもとにかく審査の甘いクレジットカードに申し込みをしたい人向けです。

審査が甘いクレジットカードでも最近ではポイントサービスが十分であったり、旅行保険が付いてくるようなものまで存在しています。それに対して三菱地所のクレジットカードはどれもポイントサービスについては交換範囲の幅が狭く有用であるとは言いにくい部分はあります。
しかし、ポイントサービスを除けば審査から発行までも早く審査も甘いです。その意味ではとにかくクレジットカードを発行したいと思っている利用者には多くのメリットがあります。新規の会員を多く獲得しようとしている今こそ、とにかくクレジットカードを発行したいと思っている人は申込みを急いでみてはいかがでしょうか。

■審査の甘いクレジットカード楽天カード

最近発行枚数が急激に伸びてきている楽天カードも審査は甘いと言われています。
クレジットカードの入門編とも言われているほど入会に関して審査が甘く、会員数も急増している人気のクレジットカードです。一部では本当に審査をしているのか、との声も出るぐらい審査の素早さと審査の甘さには定評があります。

・楽天カードの審査が甘い理由
楽天は言わずもがな日本で大手の通販サイトでありその運営会社です。楽天カードを用いてクレジットカード決算をすれば楽天のポイントが多くもらえるなど、楽天では自社のクレジットカードと楽天市場の利用を総合して進めている様子が見受けられます。つまりポイント還元率が高くなる楽天カードを発行して、楽天市場やその他楽天のサービスをクレジットカード決算してもらおうと考えているのです。多少ポイント還元率を高くしても、クレジットカードの決算手数料を得ればその分はカバー出来るでしょう。とにかく発行して利用してもらいたい気持ちからか審査がとても甘くなっています。

・審査が甘くともサービスは充実
楽天カードは審査の甘さがインターネットでは話題ですが、この審査の甘さでもクレジットカードとして十分なサービスを提供してくれています。特に楽天のサービスを普段から利用されている方はこれと合わせることによってとても有意義なクレジットカードとして扱うことが出来るでしょう。

・自動リボ付きで申し込んでみる
楽天は自動的にリボ払いに登録してくれるサービスを積極的に売り出しています。そのため、入会時の選択で自動リボに設定することを明確にすれば審査が通りやすくなると言われています。クレジットカードを発行する会社からすれば、リボ払いは利息が多く入ってくるためなるべく使ってもらいたいサービスの一つです。利用者が自分からリボを使いますよと言ってくれている以上、可能な限り発行しておきたいのがクレジットカードの考えでしょう。そのため、自動リボへの登録も申し込みの際に選択していれば必然と審査に通りやすくなると考えられます。

楽天カードは今でも会員数が増加しています。会員数が増えているクレジットカードということはそこまで審査が厳しくないということの裏返しです。楽天は日本の大企業の一つであり、一定の信頼感も持たれています。そのような企業が発行しているクレジットカードですので、審査の甘いクレジットカードを探している方は是非一度検討してみてください。

■審査の甘いクレジットカードエポスカード

エポスカードは百貨店などを展開しているマルイグループが発行しているクレジットカードです。百貨店系のクレジットカードですが、その審査は甘く消費者金融や流通系のクレジットカードと同じぐらいの審査基準であると言われています。

・マルイに行けば即日発行
審査が甘いことで有名なエポスカードですが、これに加えてクレジットカードの発行も最短即日で対応してもらえます。マルイでクレジットカードの発行申請する必要がありますが、その場で手続きをしてもらうことが可能でありクレジットカードを受け取ることができます。審査も甘く即日発行であるため、マルイでの買い物も多い方はエポスカードで申請してマルイの実績を積んでおくと良いと思われます。一つのカードをしっかりを支払うことクレヒスが向上し、別のカードへの良い影響も考えられます。すぐに使わないがクレジットカードをおさえておきたい場合でも、年会費は永年無料ですのでいざというときのために一枚所有しておくのも一つの手です。

・他の審査に落ちた方でもチャレンジできる
流通系のクレジットカードレベルの審査ですので、他のクレジットカードの審査に落ちた方でも通る可能性はあります。実際に、エスポカードでは学生・フリーター・主婦・個人事業主など一般的には少し審査が厳しくなると言われる方々でも発行されている話を聞きます。つまり、職業や年収を問わず審査自体は甘くなっていると推測されます。他で審査に落ちてしまった方は、エスポカードでの発行審査に時間がかかる可能性はありますが一度申し込んでみることをおすすめします。年収が低くても審査に通るという話は多く聞きますので、限度額は低くても意外とあっさりと審査を通過してクレジットカードが発行されることもあります。

エスポカードは通常利用のポイント還元こそ低いですがマルイで使うのならばポイント還元率も高まり使いやすいカードです。審査自体も比較的甘くなっており、マルイの店舗で手続きをすれば即日発行も対応してもらえるのも良いポイントの一つです。メインのクレジットカードとして持つには少しポイントなどの面では劣ってしまうので、まずは1枚目に自分の好きなクレジットカードを発行するとよいでしょう。2枚目以降のカードとしてもエスポカードは審査が甘いので予備として手元に置いておくような使い方もできます。サブとして持つのに審査が不安な方はこの審査が甘いエスポカードの利用をおすすめします。

■審査の甘いクレジットカードイオンカード

日本で数多くあるショッピング系のクレジットカードの中で楽天カードと並んで非常に審査が甘いと言われているのがこのイオンカードです。審査の基準はどのようなクレジットカード発行会社でも極秘のため、その具体的な数値などを知ることは難しいですが今回は発行枚数はネットの口コミなどを考慮して考察していきます。

・イオンカード会員数の多さ
イオンカード全体の発行枚数は公式ホームページの情報をもとに算出すると現在約3623枚発行されていることになります。この枚数は日本でしか発行されていないことを考慮すると非常に多い枚数であることは容易に判断が可能です。つまりイオンカードは日本で有数の保持者が多いクレジットカードであり、保持者が多いクレジットカードは一般的に審査が甘いということです。審査が厳しいことが周知されていまうと悩んでいた人は申込みを諦めてしまいます。逆に審査が甘いことが周知されると、取り敢えず申し込んでみる人が増えてきます。イオンカードの発行枚数が増えてきている背景には、このように店舗などで取り敢えず申し込んでも発行される審査の甘さが隠れているのでは無いかと考えられます。

・広告によるキャンペーンが多い
大々的に広告費を使ったキャンペーンをイオンカードは積極的に実施しています。それはつまり新しく会員を獲得したいということの現れです。このようなキャンペーン時にはとにかく新しい会員を取得したいという思いから、審査が普段よりも甘くなる傾向があります。もともと審査が甘いと言われているイオンカードですが、キャンペーン期間と重ねることによってなおさら審査が甘くなるでしょう。今まで審査に落ちてしまった方は、こういうイオンカードの入会ポイント倍増キャンペーンなどを実施している時を狙って申込みをしてみることをおすすめしています。

・イオン銀行口座保持者はもっと審査が甘い
イオンカードを発行する際にイオン銀行の口座を引き落としに設定できる場合はさらに審査が甘くなります。やはり同じ系列の銀行を使用していることによって企業に対する信頼感が得られているのでしょう。もし口座を持っていなくとも、申込みと同時に開設を申請する方法もあります。同時に解説する際には入力項目もカード発行時のものが引き継がれますので手間も省け一石二鳥で対応することが出来ます。

以上がイオンカードの審査とその甘さの説明でした。ただ、同じイオンが発行するクレジットカードの中でもイオンセレクトカードは少し難易度が高くなっていますので注意してくださいね。

■審査の甘いクレジットカードYahoo!JAPANカード

Tポイントを貯めるためのクレジットカードとして生み出されてのがYahoo!JAPANカード。近年はPontaポイントもその勢力を拡大していますが、まだTポイントのシェアは衰えてはいません。そんなTポイントを拡大するためYahoo!JAPANカードは審査が甘く、なおかつTポイントの還元率も高く設定されています。

・申込み基準は一般的、でも審査は甘い
審査が甘いと言われていますが、その申込基準はいたって普通です。18歳以上で安定した収入がある、本人が無収入でも配偶者に収入がある、高校生を除く学生といった感じです。どこもこういった申込み基準を設けていますが、実際には学生と配偶者に収入はあるが本人は無収入の場合は審査に通りにくいと言われています。しかしながら、Yahoo!JAPANカードは違います。学生であっても、専業主婦の方であっても短時間の審査でクレジットカードが発行されたという実績があります。つまり、年収が低くてもクレジットカードを発行する審査の甘いクレジットカードであることが分かっているのです。

・審査の時間が長くても大丈夫
最短は2分と公表されていますが、これは最短ですので実際は1日程度掛かると思っているほうよいでしょう。審査が長引けば長引くほど何か問題があるということで、審査に落ちやすいということもありますがYahoo!JAPANカードの場合は少し我慢してみましょう。審査に2-3日かかっても無事にクレジットカードが発行されたという実績もあります。短時間で発行するには至らなかったものの、どうにかクレジットカードを発行できないか信用機関の情報だけではなく社内の独自基準も踏まえて審査を進めているため時間が掛かっていると考えられます。

・審査の段階で書類も要らない甘いクレジットカード
収入に問題がある場合はクレジットカード申込時に収入を証明するものの提出を求められることも多々あります。しかしながら、Yahoo!JAPANカードの場合はそういった証明書類が不必要にも関わらず審査も甘くなっています。やはり前述にもありますが、信用機関の情報と社内で独自に持っている基準を重ねあわせて審査することによって甘い基準で発行できるようになっているのでしょう。

審査が甘い分Yahoo!JAPANカードは限度額が10万円~30万円で始まることが多いようです。50万円から設定されるクレジットカードがあることを思えば少し少なくは感じます。しかし、審査が甘くとにかく発行してもらえる点を勘案すれば限度額は仕方ないような気もします。