審査の甘いクレジットカード

■審査の甘いクレジットカードJMBローソンPontaカードVisa

Visaの名称が付いていますがJMBローソンPontaカードVisaは審査が甘いことで有名なセゾンが発行している数多くあるクレジットカードのうちの一枚です。名前からもわかるようにローソンを始めとした利用可能店舗でTポイントとならぶ共通ポイントとして使用されているPontaポイントが貯まることで人気が出ています。ローソンとセゾンのあわせ技によるクレジットカードですが審査は甘いです。

・セゾンの提携カードは審査が甘い
大学生はクレジットカードが作れないとまで言われていた時代もありましたが、セゾンのカードはもはや大学生ですら余裕で作れるぐらいに審査が甘いと言われています。ましてや今回のJMBローソンPontaカードVisaはプロパーカードではなく、ローソンと提携して発行しているクレジットカードです。独自の基準はあるでしょうが、多くのコンビニを展開しているローソンで積極的に使ってもらうためのクレジットカードであるならば審査を甘めにする他はないでしょう。ましてはPontaポイントは最近急激に利用可能店舗が増えてきています。世の中はまだTポイントが中心となっていますが、Pontaの勢力拡大を見込むと審査を甘くして発行枚数を増やしたいのも納得できます。

・数枚目でも発行が甘い
普段既に使っているカードからJMBローソンPontaカードVisaにメインのクレジットカードを乗り換えてもらうためなのか既にある程度のクレジットカードを所有していても審査が甘くなることが分かっています。一般的には所持している枚数が多くなればなるほど与信枠に限界が出てしまい審査に通りにくくなるものですが、このクレジットカードは可能な限り限度額を設定し発行しようとしているため実質的に審査が甘いように感じることが出来ます。

・ターゲットが幅広い
上記でも述べていますがこのクレジットカードはローソンで使ってもらうことが一つの目的となっています。その為発行する対象として年齢制限があからさまであったり、収入面で足切りされている様子は見られません。クレジットカードによって与信情報を見る前に、年齢制限を掛けていて審査すらしないものもありますがJMBローソンPontaカードVisaではそんなことはありません。どんな年齢の方でも同様に甘い審査を受けることができます。

JMBローソンPontaカードVisaはデザインこそローソンを意識したものであるものの使い勝手としては何の問題もありません。審査が甘く、これだけ多く展開しているコンビニのローソンでポイント増加キャンペーンも受けることが出来るのならば一石二鳥でしょう。

■審査の甘いクレジットカードACマスター

審査が甘く発行までが早いクレジットカードとして一番おすすめできるのはACマスターカードです。ネットで申込みすると最短30分程度で審査が完了し手続きの電話がかかってきます。審査に関しても他のクレジットカードに比べて甘くなっています。

・なぜACマスターカードは審査が甘いのか
一般的なクレジットカードは発行の際にCICと呼ばれる信用情報の審査機関を参照しています。他社で門前払いをされてしまった場合はこのCICを参照しているクレジットカード会社であったと考えられます。一般的に同じ審査機関を参照しているとクレジットカードの発行可否はあまり変わらないです。それに対してACマスターカードではさJICCと呼ばれる審査機関や自社が独自で集めた情報を元に審査をしています。つまり、他のどこのクレジットカード発行会社とも異なった審査をしているのです。その結果として、迅速かつきっちりと審査をしているにも関わらずどうにかして発行してあげれないかという姿勢につながっています。

・ACマスターカードの発行はアコム
クレジットカードの発行元は大手の消費者金融であるアコムです。消費者金融ですがアコムを運営している母体は東京三菱UFJ銀行なので何も心配することはありません。
ネット申し込みであっても無人機を使った発行であって、丁寧にオペレーターの方が案内や操作方法を紹介してくれます。何故か消費者金融には怖いというイメージが付いているようですがアコムでは全くそんなことはありません。安心して利用することができます。発行会社がアコムというだけで、使い方は一般的なクレジットカードと同じです。

・審査の甘いACマスターカードからクレヒスを作る
クレジットカードの発行にはそれまでのクレジットカード利用履歴、いわゆるクレヒスが重要となってきます。今までクレジットカードを使っていない人にはいくら属性が良くても本当に返してくれるのだろうかという心配がどうしても付きまとってしまいます。これがキッカケとなり審査に落ちてしまうことも考えられなくはありません。まずはACマスターカードのような審査の甘いクレジットカードに申し込み、しっかりと利用して支払っていくことがまずは重要となります。クレジットカードを利用してもその後しっかりと支払いを続けていることが証明されれば他のカードの申込みにも繋げることが出来るはずです。

ACマスタカードは独自の基準で審査をしている審査が甘いクレジットカードです。他のクレジットカードに落ちてしまった場合は、まずはインターネットからでも審査の申込みをしてみてください。疑問点があれば電話確認をすれば丁寧なオペレーターの方が対応してくれます。

■審査の甘いクレジットカードオリコカードtheポイント

近年審査が甘いことで人気が高まっているオリコカードtheポイントですが実際に審査は甘くなっているのでしょうか。結論から言うとオリコカードの中でもオリコカードtheポイントは審査が甘いです。他のオリコカードは審査が厳しいものもあるので注意が必要ですが、オリコカードtheポイントは他のカードと比較すると審査は甘いです。

・なぜ審査が甘いのか
以前はオリコのクレジットカードといえばそれなりに審査が厳しいものでした。長年業界大手として仕事を続けてきた貫禄といったものもあったのかもしれません。しかしながら、近年ではポイント高還元のオリコカードtheポイントに限っては審査が甘くなっています。その理由として考えられるのは他社のポイント還元タイプのクレジットカードが軒並み審査を甘くしているからでしょう。特にポイント還元が多く年会費も無料、そして審査も甘い楽天カードに利用者を取られないように発行枚数を増やさざるを得ない面があるのであろうと予想しています。

・安定した収入が重視される
オリコの審査の傾向として年間の給与総額よりも毎月の安定した支払いが可能であるかどうかを重視しているといわれています。資産等は多く持っていたとしても、毎月の収入があまりないような生活をしていれば審査には通りにくいとも言われています。クレジットカードを発行する側も費用をかけて審査してクレジットカードを発行します。そのため長く継続して使ってもらえる顧客を優先的に発行したいと考えているようです。逆に、安定した収入を得ていたり一つの会社で長く働いている人に関しては審査がとても甘くなる傾向にあります。

・オリコのクレジットカードは何も怖くない
分割支払いなどの対応でオリコの名前を見かける方は審査が厳しいと思ってしまうこともあるでしょう。しかしながら、オリコのクレジットカードは毎月使った分をしっかりと支払う能力があれば審査は甘いですし何も難しいクレジットカードではありません。また、オリコカードtheポイントに関しては入会記念でポイントが数千円分もらえるときもあります。こういったときは新規の会員を増やしたいという会社側の意思表示ですので、このときだけでも審査をさらに甘くしている可能性があります。実際、入会記念キャンペーン中に申し込みをすると他のクレジットカード会社では無理だったものの審査に通過したという話も聞いたことがあります。

■審査の甘いクレジットカードリクルートカード

他のクレジットカードよりも通常時のポイント還元率で少し抜きん出ているのがリクルートカードです。審査に関しても甘いものになっているなどポイント高還元率のクレジットカード世界の標準的なものとなっています。申し込み資格さえクリアしていれば基本的には審査が通るとまで言われています。

・学生や専業主婦にも人気
審査が甘いことで有名であり、クレジットカードを作りにくい学生や専業主婦にも人気が高まっています。これは本人ではなくても配偶者や親が支払いを担保できるかどうかまでを審査のときに考慮してくれているからだと考えられます。最近では学生でもクレジットカードを発行してくれる企業が増えてきましたが、それでもここまでポイント高還元のものは少ないので審査が甘いことは嬉しい限りでしょう。

・国際ブランドはVISAを選択する
リクルートカードはクレジットカードの発行ブランドをVISAとJCBから選択することができます。基本的に三菱UFJニコスが審査を実施しているVISAのほうが審査は甘いといわれています。意外にもJCBのほうが審査が厳しいようです。またJCBは審査にも時間がかかることが知られており、いくら審査が甘いクレジットカードであったとしても数日でも待たされるのは気持ち的にも心苦しいものがあります。また、リクルートカードは少し変わっており両方のブランドでの発行も可能です。私としては審査の甘いVISAをおすすめしていますが、両方のブランドを持っておきたいという方は一度どちらかが発行され利用実績を積んだ後に申し込みをするとさらに審査は甘くなるかもしれません。

・カードの発行までは時間が掛かる
審査自体ではVISAを選択していれば比較的早く終了しますが、審査に通過してからクレジットカードが実際に手元に届くまでは一週間ほどかかります。つまり審査が完了してもすぐさまクレジットカードを送付してもらえるわけではありません。最近は即日審査・翌日発送というスピード感を全面にアピールしているクレジットカードもありますが、リクルートカードに関してはそのようなスピード対応を期待できるようなクレジットカードとはなっていません。

学生や専業主婦にも審査が甘いということは年収に関しての基準は非常に甘いものだと考えられます。つまり大事になるのはまとめて支払える力ではなく、毎月確実に支払える力です。フリーターの方でも毎月確実に収入があれば審査に通りますのでぜひご検討ください。

■番外編 学生にも甘いクレジットカード

大学生の本分は学業であり、アルバイトはそこまで多くしていないという前提から大学生の収入は少ないものとしてクレジットカード会社からは認知されています。しかし、近年では学生向けのクレジットカードが発行されたり一般的なプロパーカードでも学生向けの審査が甘くなってきているなど進化を遂げています。今回は学生でも審査に通りやすいクレジットカードを紹介します。

・セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
まずは一般にはステータスカードとして認知されているアメリカン・エキスプレスのクレジットカードです。いきなりどうした?と思われるかもしれませんが、実はセゾンの発行するセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは初年度の年会費が無料だけではなく、26歳までは年会費無料で学生でも持ちやすいクレジットカードになっています。プロパーカードのアメックスには大学生が申し込みをしても通ることはまず無いと思われますが、このセゾンの発行しているアメリカン・エキスプレスは違います。最初から低年齢層の年会費無料にするなどターゲットの年齢を下げてきています。ターゲットを下げるということは、それと同時に審査も甘くしなければなりません。大学生層に向けてサービスを提供したとしても、審査が通らなければ悪評が漂ってしまうかもしれません。そういうことが起こらないように学生向けにも審査を甘くしたクレジットカードになっています。

・三井住友VISAデビュープラスカード
三井住友VISAカードが発行している若者向けのクレジットカードです。クレジットカードの名前にデビューと入っているように、初めてクレジットカードを持つような人でも使いやすいようなクレジットカードになっています。若者向けであり学生専用のクレジットカードではないですが、大学生でもしっかりとクレジットカードを使ってもらいたいという思いからか審査は甘くなっています。

大学生であってもクレジットカードは複数枚所有することは出来ます。しかしながら、収入に応じて限度額は設定されるので複数枚作ったところで十分な限度額をもらえない可能性があります。まずは学生でもしっかりとカードの審査を通してくれる審査の甘いクレジットカードを発行し、それをしっかりと支払うことた大切です。その積み重ねによって少しずつ限度額を大きくしていってもらうほうが学生がクレジットカードを使っていく上では賢明であると思われます。