フリーランスでもクレジットカードの審査に通ることは可能か?

クレジットカードの辛酸い通るためには、安定した職業につき、安定した収入を得ることが大切です。しかし、たとえばフリーランスで働いている方であれば、たとえ大きな収益を上げていたとしても、安定はしていないことになります。では、クレジットカードの審査にはどう影響するのでしょうか?

これはおそらくですが、どれだけフリーランスで収益を上げていても、やはり正社員に比べると若干審査が厳しくなるようです。ただ、がっかりしてはいけません。あくまでも雇用形態や年収は、クレジットカードの審査における要素の1つに過ぎません。つまり、携帯電話の分割料金などを毎月遅れなくきっちりと支払い、個人信用情報に良い情報が積まれていれば、フリーランスであっても一般カードどころかゴールドカードやプラチナカードの審査にも通れるでしょう。

また、クレジットカードの中には、フリーランスの方向けにカードを発行している場合もあります。法人カードの一部に分類されており種類としては少ないのですが、これらのカードならばさらに審査に通る可能性が高まると思います。

これらのカードは残念ながら一般カードに比べると種類が少なく、ポイント還元率もそこまで高くないカードがほとんどです。クレジットカードでポイントを貯めてお得に使う!という目的にはマッチしないかもしれませんが、クレジットカードを使って少しでも出ていくお金を遅らせたい!という目的にはぴったりのカードでしょう。有名どころでは、オリコが発行しているエグゼクティブゴールドフォービズ エスなどがあります。是非検討してみてください。

「いくつかカードに申し込んでみたけど、全然ダメだった」という方は、一般的に審査が甘いと言われるカードが良いかもしれません。例えば楽天カードなんかは、無職でも審査に通ると言われていますので、無職どころかフリーランスの方であればより審査に通りやすいでしょう。

ほかにも、アメックスのグリーンカードも良いかもしれません、アメックスのカードと言えば高級なイメージで、審査も敷居が高いと思われがちですが、実際は柔軟に審査してくれます。さすがに現在進行系で滞納しまくっている、という方であれば間違いなく審査に落ちるでしょうが、過去に滞納していたが現在は完済している、というブラックの人であっても、アメックスグリーンカードなら審査に通してくれる可能性があります。ということは、就業形態が正社員ではなくフリーランスであっても、このカードの審査においてはたいした問題ではない可能性が高いと言えます。

他に審査が甘いカードで有名なのはACマスターカードです。このカードも就業形態はそこまで重要でもなく、無職でも発行してくれる傾向があるので、狙い目でしょう。ただし、ポイントが貯まらないのとリボ払い専用であることは注意しましょう。なお、無人契約機から発行すれば最短で申し込んだその日のうちにカードを受け取れるという、非常に大きなメリットがあります。

それでも審査に通れないという方は、もはやフリーランスに原因があるわけではなく、別のところに原因があるのだと推測されます。このような方は、どのクレジットカードに申し込んでも厳しい結果になると予想されるので、審査のないデビットカードやプリペイドカードに申し込むのが無難でしょう。

■フリーランスでもクレジットカードの審査に通ることは可能か?

フリーランスは何かと不安定です。収入も安定しません。そのまま仕事を続けていけるのか、ということも不透明なわけです。働いた分しか稼ぎにはつながってこないので、例えば病気になって働けなくなってしまったら、収入が入ってこない、といった状況になりかねません。

そのフリーランスですが、クレジットカードの審査では不利になるのではないか、といったことが指摘されることもすくなくありません。
実際にフリーランスはクレジットカードの審査ではどのような扱いを受けるのでしょうか。確かめていきます。

・フリーランスでもクレジットカードは持てるのか?

問題なし!
フリーランスであったとしても、クレジットカードの取得は可能です。ただし、どのようなカードでも持てるわけではありません。持てるタイプのクレジットカードもあれば、持てないタイプのカードもある、ということは覚えておくべきです。

・どのようなクレジットカードであればフリーランスでも取得できるのか?

審査が甘いカード、ということになります。ただし、審査が甘いカードといってもわかりませんよね。
まずは年会費で判断しましょう。年会費が低いカードは基本的に不利ランスでも取得可能です。一方で、年会費が高いカードは審査難易度が高いので注意が必要ですよ。

■フリーランスはできれば独立前にクレジットカードの審査を受けるべし

フリーランスとして働いている方はどんどんと増えています。なにも医師や弁護士や税理士だけではありません。他のも様々な職業の方がフリーランスで働けるような時代になってきたわけです。しかし、フリーランスになるとクレジットカードの取得が難しい、といったことが実際にあるわけ。そこで注目すべきなのが、フリーランスになる前にクレジットカードの審査を事前に受けておく、ということです。

では、なぜフリーランスになる前にクレジットカードの審査を受けるべきなのでしょうか。

・正社員として働いているときのほうが審査に通りやすいから

正社員からフリーランスになる、という場合には必ず社会人のうちにカードを作っておくべきです。正社員に関しては、カードの審査で極めて高い評価を受けるわけです。高い評価を受ける、ということは審査が突破できる可能性が高い、ということでもありますよね。

一方で、フリーランスは収入に不安があります。例えば、正社員時代よりも場合によっては収入が増える、ということもあるのではありませんか。しかし、ずっと収入が高い状態ではない、ということもあり得るわけ。だからこそ、審査で不利になってしまうんです。
正社員という後ろ盾がある位置にカードの審査を受けておきましょう。

■フリーランスがクレジットカード審査に落ちないために必要なこと

フリーランスになってしまったからには、もうフリーランスの状態で、クレジットカードの審査に突破しなければなりません。そこで注目しておきたいのが、フリーランスがクレジットカードの審査に落ちないようにするためにはどうしたらいいのか、ということ。

今回は、フリーランスの方がクレジットカードの審査に突破するためにはどういったことが必要なのか、といったことを明らかにします。

・安定した収入が得られるようにすること

例えば、

・毎月30万円の収入が得られる方
・月に50万円お収入がある時もあれば、10万円の収入しかない事もある方

という二通りの方がいるとします。果たして、どちらのほうが高く評価されると思うでしょうか。実は安定して30万円の収入が得られる方のほうが高く評価されるのです。その理由として注目してほしいいのが返済能力です。毎月一定の返済が行っていけるのか、ということが極めて重要とされます。
仮に50万円の収入がある時があったとしても、10万円の収入がない時に果たしてクレジットカードの支払いができるのでしょうか。そういったところが厳しく判定されるので、フリーランスの方は、なるべく毎月一定以上の収入をえられるようにしていく、ということが大事です。

■そもそもなぜフリーランスはクレジットカードの審査に落ちやすいの

正社員よりもフリーランスの方のほうが審査に落ちやすい、ということは周知の事実です。クレジットカードが持ちにくいとされているわけです。しかし、フリーランスがなぜクレジットカードの審査に落ちやすいのか、ということは広く知られているわけではありません。

今回は、フリーランスがカードの審査に落ちる理由を深掘りします。把握しておくことで、審査を受ける時に心構え、というの出来るものですよ。

・連絡先がない場合も

フリーランスの場合は、自宅を職場、としているケースもあります。最近では、パソコン一つで稼いでいる、という方もすくなくありませんからね。
一方で、一般的に努めている方は会社で働いているわけです。会社の電話番号がわかれば、カード会社はいつでも連絡できる、といった状態になっているわけ。
カード会社としては、自宅を職場としている方よりも会社を職場としている方のほうが信頼ができる、と判断しているわけです。

・収入が不安定である

フリーランスは固定給と行ったものはほとんどないケースもあるわけです。会社で働いていれば、基本的に、毎月同じような金額が入金されます。フリーランスの場合は、月によって収入額が数十万円も違う、といった事も考えられるわけ。それではカード会社も不安になるのは当然ですよね。

■フリーランスは法人化したほうがクレジットカードの審査に通りやすい、ってホント?

フリーランスで働き続けるのか、それとも法人化するのか、ということで頭を悩ませている方も多いと思います以上の稼ぎがある、という方に関しては、法人化したほうが税金的にお得になる、といったケースもあるんですよ。

一方で、クレジットカードの審査、というものにも目を向けたいところ、フリーランスのママよりも、法人化したほうがクレジットカードの審査に突破しやすくなる、といった話もあるんです。

では、実際にフリーランスの方は、法人化したほうがカード審査に突破し安くなるのでしょうか。徹底調査してみました。

・社会的信用が得られるので審査は楽になる

フリーランスの場合は、社会的信用というものがとうしてもありません。安定して業績を上げていたとしても、やはりそういった印象をもたれてしまうんです。
一方で、フリーランスではなく、法人化をしたらどうなるのでしょか。その時点で社会的信用、というものがアップします。カード会社としても安心なのです。結果的に、フリーランスでは審査が通らなかったクレジットカードが法人化したとたんに突破できるようになった、というケースも。
もちろん法人化はメリットばかりがあるわけではありません。クレジットカード以外にも総合的に判断して、法人化するか、それともフリーランスのままにするかを決断しましょう。

■フリーランスはクレジットカードではなく審査なしのデビットカードを作るべきなのか?

フリーランスはクレジットカードではなく、審査がないとされるデビットカードを作るべきなのではないか、といた声もあることは事実です。フリーランスは、基本的に審査を突破するのが難しくなっているからです。デビットカードであれば、クレジットカードのように一時的にカード会社にお金を借りたりはしません。自分の口座とカードが直結しているので、カード会社としてもリスクを背負わないで済むのです。ですから、デビットカードを作成できるんですよ。

果たしてフリーランスはどちらのカードを利用すべきなのでしょうか?

・まずはクレジットカードにチャレンジすべき!

フリーランスだからと言って、必ずクレジットカードの審査に落ちるわけではありません。可能性として審査に突破できるかもしれないわけです。ですから、チャレンジしてみる、ということがおすすめなんですよ。
デビットカードについては、審査に突破できなかった場合に考える。といったスタンスで問題ありません。

デビットカードは便利ですが、口座にある文しか利用できない、といったデメリットがあります。大きな買い物をカードでしたい、という場合には有効活用できない、ということも十分に考えられるわけ。
だからこそ、まずはクレジトカードの利用を検討すべきなのです。

また、デビットカードは口座から即時出金となるため、クレジットカードのメリットである、支払いを遅らせることができないのも注意したいポイントです。とはいえ、国際ブランドがついたカードではあるので、現金では使いづらい通販サイトを便利に利用できますし、事業決済とプライベートの支払いを明確に分けることもできるので、どうしてもいクレジットカードの審査に通れなかった方にはとてもおすすめできるものです。