意外と知らないクレジットカード審査の裏側と仕組みをご紹介します

■クレジットカードの審査に通る仕組みとは

皆さんは自分のクレジットカードがどのように発行されているか理解していますか?どのように審査が行われてクレジットカードが発行されているのか仕組みは理解されているでしょうか。今回はクレジットカードを発行する審査の過程で重要となってくる与信という言葉について着目して説明しながら仕組みを紹介したいと思います。

クレジットカードの仕組みは基本的に一時的にお金を借りて支払っておいてもらうものだと考えると理解がしやすいです。クレジットカードで支払いをしてからクレジットカード会社がそのお店にお金を立て替えて支払い、利用者の方がそのぶんをクレジットカード会社へ支払う仕組みになっています。そのためどれぐらいならお金を貸してあげれるかを判断する仕組みが必要となります。皆さんもお金を貸してあげるときはきちんと期日までに返ってくるか確認しますよね、貸した金額返済できる人かを考えますよね、それと同じことがクレジットカードでもあるんです。クレジットカード会社は信用情報機関を通じて与信というものを確認します。これはその申込者がどれぐらならお金を貸しても返せる見込みがあるかを判断する機関だと思ってください。

もしあなたが友人にお金を貸すのであればその人の人となりなどは判断がつきます。しかしクレジットカード会社はそういったことが出来ません。そのため必要な情報を外部の信用情報機関から得るような仕組みを取り入れているのです。クレジットカードの審査の仕組みは主にこの与信情報を参照するところにあります。実際にはこの与信情報を確認するまで、申込者の情報が正しいかなどを各社独自の視点で確認しているのですがこの点は今回は割愛したいと思います。きちんとした入力情報を元に与信を照会すればその人が今までどのようなお金の借り方をしたり支払いをしたかが確認できます。これを与信と呼んでおりクレジットカードを発行してもきちんと返してくれるかを判断する材料となっています。この与信を元にしてその人にお金を貸してあげたとしても問題なく返済されると判断されればクレジットカードが発行される仕組みとなっているのです。

クレジットカードも一時的な借金の仕組みの一つですので、友人同士のやりとり同様に信用が重要となります。日ごろからクレジットカード会社がこの信用度合いを判断する仕組みとして与信というものが審査に取り入れられています。今まで何を審査しているのか知らなかった方は「与信」という考えを一つ覚えてみてください。

■なぜ審査に落ちる?ステータス系クレジットカードの仕組み

今までクレジットカードの支払い遅延や各種ローンの支払い遅延、そして携帯電話の支払いも遅れたことがないのにステータス系のクレジットカードなら審査に落ちてしまうことがあります。なんで落ちたの?とその審査の仕組みに疑問も持ってしまう人も少なからず居ると思っています。ステータス系クレジットカードでは一般的なクレジットカードに比べて様々な面から評価されていることも少なくありません。今回は審査の仕組みを説明していきまます。

ステータス系クレジットカードの審査にはまず年齢を確認する仕組みを取り入れていることがあります。表向きは20歳以上(学生を除く)といった記載でクレジットカードの申し込みは許可されていることが多くあります。ですがステータス系カードの中には年齢を重視しており実は特定の年齢以上でないと審査に通らないことが多いということがあります。必ずしも年齢を越していないといけないという訳ではないかもしれませんが、スコアリングにおいて比重が高かったりそもそもダイナースのように足切りが作られている可能性も無きにしもあらずです。昔ほど30代以上といったこだわりは無いように感じていますが審査の仕組みとして年齢が取り入れている可能性があります。
次に気にするべき点は自分の与信がどの程度残っているかです。実際にクレジットカードを使っていなくとも発行した状態でいると自分の信用情報にどれぐれいの限度額を持っているのかが記載されていしまいますし発行する側は審査の過程においてこれを参照する仕組みがあります。多くのクレジットカードを持っていたり、与信に余裕が無いとステータス系クレジットカードでは審査を通しにくくするとの話もありますので使っていないクレジットカードは解約してしまうのも一つの手でしょう。また合わせて使っていないキャッシング枠が大きくないかも確認しておくべきです。海外へ行くことが多いなどやむを得ない場合もあるとは思いますが、クレジットカードを発行してから1度も使っていないのならば審査の前に解約することをおすすめします。

ステータス系と呼ばれるクレジットカードは年会費も高くかなり質の良いサービスを提供してくれています。その反面、審査に比較的厳しい仕組みが取り入れられているなど発行は少し難易度が高いです。どうしてもこういうクレジットカードが欲しい場合にはプロパーではなく提携しているクレジットカードの審査を受けてみるのも一つの手かもしれません。

■ここを気をつけないと審査落ち 注意したいクレジットカードの仕組み

クレジットカードの審査の仕組みを理解していますか?仕組みを理解せずにどんどんと審査を申し込んでしまうとどんなクレジットカードでも発行されなくなってしまいます。クレジットカードの審査には無難に審査に通る仕組みと問題があればすぐに審査に落ちてしまう仕組みが備わっています。この審査に落ちてしまう仕組みを理解せずにクレジットカードへの申し込みを乱発し、さらに審査に通らなくなるとう悪循環に陥らないようにこの記事を参考に仕組みを理解しておきましょう。

・クレジットカードの申し込み回数に注意
クレジットカードへ申し込んだ記録というのは信用情報機関に6ヶ月間保管される仕組みとなっています。ただ単に記録されるぶんには問題ないかもしれませんが、短期間に申し込みの記録が増えてしまうとクレジットカード会社に悪い印象を与えてしまいます。基本的にはどんなに申し込んでも1ヶ月あたり2-3種類で、半年でも6種類まででしょう。これ以上の申し込みをしてしまうとお金に困っている人という印象をクレジットカード会社に与えてしまい、さらにクレジットカードが発行されない状況が続いてしまいます。審査の仕組みとして現在のクレジットカードの枚数や申し込み履歴が閲覧されることを知っておかなければなりません。

・固定電話を持っているかに注意
最近では固定電話の費用を抑えるためにも自宅には電話を持たずに携帯電話だけを使っている人も増えてきています。しかしながら、クレジットカードの審査においては携帯電話だけの所有は少し振りになってしまいます。固定電話を持っているということは確実に住居があるということを示しています。クレジットカードは安定して返済できる力を審査で問われていますので、住所が不定かも?と思われてしまうと安定さに欠けてしまう印象を与えます。そういったことを無くすためにもクレジットカードを申し込む際には持っているのならば必ず自宅の固定電話番号を記入するようにしておきましょう。

クレジットカードの審査では思ったより意外なところに落ちてしまう原因があります。固定電話の所有は皆さん納得感があるかもしれませんが、申し込み回数の照会は意外な部分であったかもしれません。審査の仕組みは信用度合いを確実に判断するために様々な方面からの評価が必要とされており割り切るしかない部分もあります。審査に通らないとたくさんの審査を受けてしまい1つ目の項目に引っかかるなど悪循環に陥りますので注意してくださいね。

■クレヒス無しが審査落ちの理由

クレヒスがないことが理由で、クレジットカードの審査に落ちることがあります。

クレヒスとはクレジットカードヒストリーのこと。
クレジットカードを使った歴史で、個人信用情報に記録されています。
クレヒスに延滞や滞納などの悪い記録があると、クレジットカードの審査には落ちやすくなります。
しかしクレヒスがないなら、悪い記録もないことになりますよね。
それならクレヒスがないのは、審査落ちの理由にならないのでは?とも思います。

クレヒスがないと、クレジットカードをどのように使う人なのかがよくわかりません。
毎月使い支払いを滞りなく行っていれば、クレジットカードの使い方が良い人と判断できます。
クレジットカードを発行しても、ちゃんと支払いをしてくれると予想できるでしょう。
ところがクレヒスがないと、それができないのです。
もしかしたらクレジットカードの使い方が悪いかもしれない…という理由から、審査に落ちることがあるのです。

そしてクレヒスがないと、過去にブラックになるような金融事故を起こしたのではないか?と疑われます。
ブラックの間はクレジットカードの新規発行ができません。
これまで持っていたクレジットカードもブラックになったことにより、利用停止などに追い込まれている可能性が高いです。
そうなるとブラックの間はクレジットカードを使っていませんので、クレヒスが真っ白…ということになるのです。
また自己破産をすると、これまでのクレヒスがクリアされてしまいます。
そのような理由から、クレヒスがないとブラックだったのではないか?となってしまうのです。

ブラックになるような人は、クレジットカード会社では一番嫌われてしまいます。
支払いをしないなど、クレジットカード会社に迷惑をかけているわけですからね。
ブラックの可能性があるとなれば、審査に落ちるのは当然となってしまうでしょう。
特に30歳以上の高齢で、クレヒスがない人は要注意。
30歳になってもクレジットカードを使っていないなんて、あり得ないということになります。
現金主義でクレヒスがない場合でも、確実にブラックが理由でクレヒスがないと判断されてしまうでしょう。

クレジットカード審査を有利にするには、クレヒスを構築することが必要となります。
審査に通りやすいクレジットカードを発行して、クレヒスの構築を目指しましょう。
消費者金融系のクレジットカードなら、クレヒスがなくても審査落ちしにくいのでおすすめです。

■クレジットカードのキャッシュ枠 審査の仕組み

クレジットカードを何気なく作っている人はそれぞれのカードに2-30万円ほどのキャッシング枠が設定されているのではないでしょうか。キャッシング枠は使っていても使わなくても利用者の与信状況を関わってきますので、どのような審査でキャッシング枠が設定されているのかをおおまかに説明していきます。細かな部分はそれぞれのクレジットカード会社の審査により仕組みが異なりますし、その仕組みは公開されていませんので一般的なお話となります。

クレジットカードには大きく分けて3つの枠組みが設定されています。一つ目は買い物に使用可能なショッピング枠、続いてお金を借りることが可能となるキャッシング枠、そしてそれらの合計を管理する総利用枠です。一般的に総利用枠までショッピングが可能なように枠が設定されるような仕組みとなっています。この総利用枠は申込者のスコアリングや信用情報機関を参照することで得た情報を元に審査されて決定されています。一般的にクレジットカードの限度額と言えばこの総利用枠のことを指しています。そしてこの総利用枠の中でショッピング枠とクレジットカード枠が設定されるわけです。

キャッシング枠を設定すると総利用枠が大きく設定されることが多々あります。特にキャッシング枠は自分でクレジットカードの申込みをする際に希望を出す仕組みが取られていますので、そこで大きめの金額を出す人も居るでしょう。そうするとクレジットカード一枚あたりの与信枠が大きくなってしまい審査に通りにくくなってしまいます。必ずしも希望通りにキャッシング枠が設定される訳ではありませんのでそこはクレジットカード会社の裁量に任されている部分もありますが、総利用枠を小さめにすることが確実に審査に通すには大切です。ここの仕組みがクレジットカードでキャッシングを使用しないのならば枠を0円にしておきましょうと言われる所以です。クレジットカードをあまり多く持っていない方はあまり関係がありませんが多くのクレジットカードを使い分ける生活をされている方はこの使っていないキャッシング枠が審査の邪魔をするような仕組みが作られてしまっています。
キャッシング枠を設けることは海外でクレジットカードを使う時など便利な局面も多々あります。ですが今の日本のクレジットカード審査ではキャッシング枠も与信の一部として扱われてしまいます。この仕組みを理解してクレジットカード発行の際にはキャッシング枠が必要かどうかよく考えるようにしてください。