審査の仕組みをしっかり知ろう

■なぜクレジットカードの審査に落ちる?その分かりやすい仕組みとは

どんなクレジットカードを発行するとしても必ず審査の過程が発生しますよ。何事も無く審査に通過することも多いのですが、時には審査に落ちてしまうこともあるでしょう。審査に落ちる原因は各社が様々な仕組みで申込者を評価していることに起因します。クレジットカードを申し込んだときにはどのような仕組みでどのような審査がされているのか、どこに問題があれば落ちてしまうのかを見ていきましょう。

まずクレジットカードの仕組みとして一番重要なのは、その申し込んだ本人の信用情報がどのようになっているかです。この信用情報は日本では、全国銀行個人信用情報センター、株式会社シー・アイ・シー、株式会社日本信用情報機構の3社がそれぞれ個別に管理しています。管理されている項目の一部は会社間で共有されていたり、項目によっては会社によって存在していないことがありますが概ね全ての情報は共有されるような仕組みがあると思ってください。それぞれのクレジットカード会社がどこの信用情報機関を参照しているのかはある程度公表されています。全ての会社が全ての信用情報を照会しているわけではないので審査に通ったり落ちたりする仕組みが生まれてしまいます。一つの機関に統一できないのかという意見もあるとは思いますが、今のクレジットカード発行の仕組み上それは難しいのです。この点は難しいので今回は割愛したいと思います。
次にクレジットカードに落ちてしまう仕組みとして考えられるのが、その人の属性がクレジットカードを発行するに値するかどうかという部分があります。クレジットカードの中にはステータスカードと呼ばれる年会費が何万円もかかり高いサービスを受けられるものがあります。このようなクレジットカードは誰にもでも発行しているわけではなく、その人の年齢や仕事そして年収などを考慮して発行の可否を決定しています。その審査内容は各社それぞれであり信用情報にはまったく問題が無くとも、なんらなかの理由によって発行が見送られてしまう可能性があります。このようなことが起こりえるクレジットカードの代表としてはアメックスやダイナースブランドが挙げられます。

クレジットカードの審査は個人の信用度合いとクレジットカードを持つにふさわしいかの二段階で決定されます。もし審査に落ちてしまったときはこの仕組みを理解して自分はどっちの審査で落ちてしまったのかを見極めることも大切でしょう。

■クレジットカードの審査ってどんな仕組み?

クレジットカードの発行を申し込むと必ず審査が発生します。1時間程度で終わるようなところからあれば数日を要するクレジットカードまであり、その仕組みはあまり知られていないように思います。普段何気なく通っているクレジットカードですが、審査なく発行されることはありません。今回はあまり知られていないクレジットカードの審査の仕組みについて簡単に解説していきたいと思います。

1.申し込み情報を評価する
クレジットカードを申し込む際には様々な情報を入力することになっています。名前や居住地といった基本情報はもちろんのこと、勤務先や居住している住宅の年数・家賃の支払いの有無まで多岐にわたります。実はクレジットカードの審査の仕組みとしてはこれらの申し込み情報に点数をつけており、その合計点で評価する仕組みが多くの場合とられています。それぞれの項目への配点や合格となる合計点の基準はクレジットカード会社によって異なりますが仕組みとしてはどこの会社であっても同じでしょう。所定の点数に達していない場合には自動的に審査落ちしてしまう場合や、他の条件を満たしていれば審査が続けられる場合もあります。

2.自動審査後の確認
自動審査で問題が無い場合にはそのまま信用情報の照会に進んでいきますが、前述のようにスコアリングで何か問題が発生してしまった場合には人間による審査内容の確認が発生します。この過程は必ずしも発生するものではないですが、まだ機械もクレジットカードの審査においては万能ではありませんので審査の合格者に関しても人間が確認する仕組みをを挟んでいるクレジットカード会社もあるようです。

3.信用情報の確認
スコアリングに問題が無ければ信用情報の参照に進みます。この信用情報は日本に3箇所ある信用情報機関が管理しておりクレジットカード会社はこれを参照できる仕組みがあります。この仕組みによって、クレジットカード会社の方は申込者がどのような金融経歴を持っているのか、他社でのクレジットカード発行状況や支払い状況はどうなのかということ知ることができるようになっています。ここで問題が発生してしまうとクレジットカードの審査に落ちてしまうという仕組みが取り入れらています。

クレジットカードの審査についてあまり学ぶ機会は無いと思っています。しかし、クレジットカードを発行せずに日々をすごしていくことも現在では難しいですのでこの機会にどのような仕組みかぐらいは知っておいてもよいと思います。

■申込時の不備が審査落ちの理由

申込書や提出書類の不備は、クレジットカードの審査落ち理由になります。

クレジットカードの申込書を作成する上での注意点

・空欄を作らない
クレジットカードの申込書にある項目は、すべて埋めてから申込をしましょう。
空欄があると正しく審査ができなくなってしまうという理由で、審査落ちになることがあります。
クレジットカードの申込書は、それほど難しいことを記入する欄はないかと思われます。
面倒くさいと思っても、空欄がないようにしましょう。

・正しく記入する
クレジットカードの審査に落ちたくないという理由から、申込書にウソを記入してしまうケースがあります。
しかし正しくない記入をしても、審査で見破られてしまいます。
クレジットカード会社は何人もの審査を行っているプロです。
カンタンなウソをついても、ばれてしまうと思っておきましょう。
ウソをつくと人を欺くような不真面目な人で、規約も破るのではないか?という理由で審査に落ちやすくなります。

・間違いがないようにする
申込書にうっかり間違いを記載してしまう…なんてことはあります。
間違いがあっても、クレジットカードの審査は正しく行えません。
生年月日が間違っていると本人確認書類の情報と違う!となってしまいますし、勤務先の電話番号を間違えると在籍確認ができない!となってしまいます。
審査落ちしやすくなりますので、気を付けてください。
作成後にすぐに提出するのではなく、見直しをすると良いでしょう。

・必要書類が足りない
クレジットカードの審査では、本人確認書類が必要となります。
そして場合によっては、収入証明書が必要となることもあります。
収入証明書が必要なのに提出されていないと、クレジットカードを発行することができません。
必要書類をすべてそろえて、提出をするようにしましょう。

・決済口座の登録ができない
クレジットカードの支払いは金融機関の口座から自動引落となります。
そのため口座番号や金融機関への届出印を提出しなければなりません。
届出印が間違っていたりすると、口座の登録ができなくなってしまいますので審査が滞ってしまいます。

クレジットカードの審査は、申込書の作成時から始まっているといえます。
申込書を適当に作成してしまうと、審査に落ちやすくなるでしょう。
不備がないように作成するようにしてください。
もしわからないことがあれば、クレジットカード会社に問い合わせをしてみてください。
間違いを記入するより、聞いた方が良いですよ。

■どんな仕組み?クレジットカードの審査がすぐに終わる理由

昔は人の目で確認することが中心であったクレジットカードの審査も現在では多くの部分が自動化されるようになってきました。これに伴って利用者の方は何日も待たずとも審査の結果を受け取ることが出来たり、発行につなげてもらえるようになっています。では、この自動審査の仕組みとはいったいどのようなものなのでしょうか。どういった仕組みで自分は評価されているのでしょうか。あまりに審査が早い自動審査の仕組みは逆に利用者の方を心配させることもあるようです。どんなに早い審査の郁美が導入されていても審査されていることには変わりありませんので安心してください。

自動審査の主な仕組みは利用者が入力してきた情報を決まった定数を利用して機械が定量的に評価する方法です。昔のように人間が申し込み用紙を一枚ずつ確認してその内容を評価するといった方法では審査者の感情やさじ加減によってその結果が変わってしまうなどの問題がありました。しかし、自動審査の仕組みを取り入れることが出来ればこのようなぶれは無くすことが可能です。金融業界で使用されている自動審査の仕組みはかなりの精度を誇ると言われており、その評価結果は各社の望むとおりになるといわれています。また加えて注目すべき点は様々な点からその人を評価していますので、何か気になる点があっても他でカバーできる可能性があるということです。例えば年収は少し低く気になる部分ではあるが、持ち家があり万が一のときに担保となるような場合には審査に通過できるなどの仕組みも取り入れられています。

自動審査の裏側には統計学に基づいた人間の評価があるといわれています。数多くの人を評価した結果、この年齢でこれ以上の得点がある人は自己破産や借金を踏み倒す可能性が低いという知見を得ているようです。私たちが入力した情報がどのような配点でどのような情報と絡められて自動審査の仕組みに活用されているのかを知る方法はありません。この情報は各社の中でもトップレベルの機密情報として扱われているはずだからです。

ただ、万が一この情報が漏れて得点が高く出るように申し込みをしたとしてもそれに対する予防は組み込まれています。何かおかしな申し込みがあれば人の目で確認する仕組みが作られています。高い得点を出してクレジットカードの審査に通そうとしても、全てが自動審査ではありませんのでばれてしまします。自動審査と人間による審査の仕組みが合わさって今のような高速審査は実現されています。

■クレジットカードの仕組みと審査の注意点

クレジットカードの仕組みをしっかりと理解していますか?多くの方はなんとなくクレジットカードの仕組みを理解していたり、そもそも仕組みなんて気にせずに使っている人が大半だと思います。実際、生活をしていくなかでどのような仕組みが作られているのかはあまり知らなくてもいいかもしれません。ただ、クレジットカードの審査に関しては知っておくべき注意点がいくつかあります。日ごろあまり気にしていない審査も少し注目していきましょう。

クレジットカードの審査の仕組みとして一般によく知られているのが信用情報機関というものを参照して何かしらのデータを見ているということです。詳しくは知られていないことがほとんどですが信用情報を参照しているというのは間違いがありません。この信用情報を確認する仕組みの中で注意しておきたいのはクレジットカードをどれぐらい申し込んだかの情報も含まれているということです。
なんとなくイメージされやすいのはどれぐらいのお金を持っていてどれぐらいのクレジットカードを使っているのかだけが記載されているのが信用情報であるということです。これは残念ならが誤解です。信用情報には発行されなかったクレジットカードの申し込み状況も記載されてしまいます。詳細に記載されるわけではないですが、いつどのクレジットカードの審査を受けたかが分かる仕組みがとられています。そのためクレジットカード会社は審査する際に、この人はどれぐらいのクレジットカードを申し込んでいるのかがすぐに分かってしまいます。あまり短期間に多くのクレジットカードを申し込んでしまうと審査の際にばれてしまいますので、お金がどうしても必要な危ない人なのではないかという印象を持たれてしまう可能性もあります。ポイント還元などのために複数のクレジットカードを申し込むこともあるとは思いますが、この点は審査に関して注意が必要です。クレジットカードの申し込み履歴は半年間残る仕組みとなっていますので仮にポイントなど正当な利用のためであっても短期間での大量申し込みは避けなければどこの審査にも通らなくなってしまいます。

きちんと仕事をしていてきちんと支払いをしていればクレジットカードは作れると皆さん思っているでしょう、それは特に間違いではありません。ですが、使っていなくともクレジットカードを持っているということは使えるということです。それを考慮した審査の仕組みがとられている以上不必要にクレジットカードを作ることは控えなければなりません。